アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

【買取名人について】

○「買取プロ」から「買取名人」へ

Pro_3  2005年より、私 野田康司は「買取名人」を名乗ることに致しました。自ら「名人」などと名乗りのはおかしなことか・・・とも思いましたが、2004年末、田中長徳先生他、うちの店にお集まりいただいたご常連様のご了解を得て、晴れて堂々と!?名乗りを変えることに決心がつきました。

 今までは「買取プロ」と名乗っていましたが、見方を変えれば、商いをしている以上は誰でもプロであると言えます。それでも、あえて「プロ」と名乗っていたのは、買取りのスペシャリストとしてご信用いただきたい!という意識と、それ相応の自信の気持ちを込めていたからです。しかしながら、その反面、少なからず威圧的な感じもあるのか・・・と、考えることがありました。

 また、カメラ屋人生50年が過ぎた今、いろいろ考える中、買取りという枠を越えた部分でも、
もっともっと皆様と深くお付き合い出来たらと思っております。これからは、親しみやすさが漂う「名人」という名乗りをしてみようと思います。また、そういう名乗りをさせていただいても良い「いい年頃」かとも思いまして。。。

 

○さらに!!!

 2005年3月26日のがらくた市、田中長徳先生のトークショーにおいて。ご常連様のご発案で「買取名人認定証」を頂戴いたしました。お客様からこのような素晴らしいことをしていただけたこと、身にあまる喜びです。これを励みにますます、皆様に喜んでいただける買取りを目指して、精進していくことをお約束いたします。

Tate2 Tate4