アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« PEN-CASE | メイン | リングからキャップまで »

2019年3月16日 (土)

Minolta Vest

53853947_2578074622234857_483260941

ベスト判フィルムを使う「ミノルタ・ベスト」の革ケースに「Best Minolta」と刻印されていました。

あれ?「Vest」じゃないのか?と思いました。

53816950_2578074562234863_618424744

ちなみに、販売当時(1937年)の広告の一つには「ミノルタ・ヴェスト」と表記されていますし、ベスト判フィルムのベストは「Vest」ですから、やはり、ケースに刻印された「Best」表記があやしいのだと思います。

ここら辺の英字表記の危うさは英語に未熟な時代の日本ゆえ~と言ってしまっていいのではないかと思います。

53781169_2578074695568183_3678445_2

ところで、ベスト判フィルムの「ベスト」の意味合いが何なのか、今まであまり考えたことがありませんでした。いや、聞いたことがあってもこの歳になるとそろそろ忘れてしまっている...場合もちょいちょいあります(泣)

1800年代最後に造られた「ポケット・コダック」というカメラは「ポケットにも入ってしまうカメラ」ということで、その名が付けられたそうです。その後、「一般のポケットより小さいベスト(Vest)のポケットにも入ってしまうカメラ」の意味で「ベスト・ポケット・コダック」と名付けられたそうです。

そのベスト・ポケット・コダック用に作られたフィルムがベスト判なわけです。

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。