アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« 横芝の無三四堂さん | メイン | 似て非なるモノ »

2018年12月 1日 (土)

カニ爪萌え

6a0120a63eae74970b017c3441304d970b

マニュアルフォーカスのニッコールレンズに付いている通称「カニ爪」と呼ばれる、「連動爪」。

これは、絞り値をボディへ伝えるための爪です。

伝えると言っても、この爪を必要とするカメラは実際のところ初期の限られたモデルで、フォトミックファインダー付きのニコンFや、初期のフォトミックファインダー付きニコンF2、ニコマートFT・FTN・FT2といったあたりです。

その爪の形状なんですが、上の画像のようにニッコールでも時期によって微妙に形状が変わっています。

この3種の形状については、ずいぶんと前に話題にしたことがありました→http://camera-kaukau.lekumo.biz/arrow/2012/12/nikonkani.html

今回は純正のカニ爪じゃなくて、サンズームに付いていたカニ爪に妙な魅力を感じたので!話題にしています。

47213070_2361596527216002_315818587

その爪は純正でいえば後期型と同じ穴開き形状なのですが、純正より繊細な造りをしています。でも、色は黒くて決して貧弱な感じではないのです。

どうです???これ。

47238342_2361596487216006_710781209

取付けのビスの位置が違うので、カニ爪を純正品と付け替えることは出来ない模様です。

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。