アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« 2018年10月 | メイン

2018年11月

2018年11月14日 (水)

この小屋、何??

本日水曜日は、アローカメラ&我楽多屋ともに定休日となっておりますので、よろしくお願い申し上げます。

*********************

二代目の「先週撮ったもの行ったとこ」は、大洋駅。

身内から頼まれごとがあって、茨城方面へ車で往復しました。途中に用事で立ち寄った鹿島臨海鉄道の大洋駅。

無人駅で駅前にも商店などはほとんど無いところでしたが、道端に犬小屋のような不思議な小屋があったので撮って来ました。

45552789_2318340808208241_373531226

2018年11月13日 (火)

ウエストレベルファインダー改

46101454_2326714814037507_287287108

これは、数日前のお客さんカメラです。

後ろ玉が飛び出て、ボディをミラーアップさせたままにしないと装着できない「ニッコール-O 2.1cm/F4」のため、ニコンFのウエストレベルファインダーにアクセサリーシューを付ける小改造をして、そこに2.1cmのビューファインダーを付けていました。

本来、このレンズにはニコンFの巻戻しクランク部に被せるような感じで装着する専用の外付けファインダーがあります。

そうでないと、ミラーアップさせることがボディへの装着条件なので、アイレベルやフォトミックファインダーのファインダー窓を覗いても、何も見えなくなってしまうからです。

お客さんが、今回の小改造をされた動機が何だったのか?一番大事な部分を忘れてしまいました...。前述の専用ファインダーをお持ちで無かったのか?、それとも、手元にあった同じニコンの2.1cm用ファインダーでもレンジファインダー機用(こちらはF用と違って、普通にアクセサリシューに装着できるので)を利用するためだったのか?を。

ちなみに、コシナからは少し前に、ニコンFのファインダーを外したところへ装着出来るアクセサリーシュー付きの台座「シューベース」というものが販売されていました。このお客さんも、それを入手されれば解決出来た問題ではあるのですが、わざわざ、この小改造をされた理由もちゃんとあるのです。

46200390_2326714930704162_819880381

純正のウエストレベルファインダーを閉じた状態の蓋の上にアクセサリーシューを付けているので、例えばレンズ交換をしてミラーを下した状態にしても、この蓋を開ければファインダーとして使えるというわけです。

45986503_2326714884037500_166799977

なんだか、文字で書くとややこしい文章になっていますが、画像で見ていただければ分かる人には分かりやすいかと思います。

作成者のこだわりは、改造で付けたアクセサリーシューがニコンFと同時期の純正シューアダプターを元にされている点です。

 

*アローカメラ&我楽多屋のFaceb0ookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。

 

 

我楽多屋で買ったモノマガジン更新

田中長徳先生の連載コラム「我楽多屋で買ったモノ・マガジン」を更新しました。

第228回目の今回のテーマは「スロー不良 高速も微妙」です。

こちらより、お楽しみください→http://camera-kaukau.lekumo.biz/arrow/monomagazine1.html

 

*閲覧は2019年2月初旬までです。

2018年11月12日 (月)

厄介なベトつきを

45797962_2324812827561039_430296359

久々に私物のニコン・フィルム一眼レフを引っ張り出して来たら、2台ともグリップや背面のベトつきが悪化していました。

これでは使う気が起こらないので、なんとか処置しようと思いました。

AFフィルム一眼レフのグリップなどに使われている樹脂系素材の劣化は、ニコンに限ったことではなくて各社のモデルで発生しているので、これの対応策はネット検索すると、いろいろな方法を見つけ出すことが出来ます。

紹介されている方法は一般の人が我流として紹介しているものばかりなので、もちろん、それを参考に
自己責任でやります。

で、私は無水エタノールで拭ってベトつきを取る方法に挑戦してみました。なんと、無水エタノールはヨドバシドットコムで買えます。

布に無水エタノールをしみ込ませては拭うことを数回繰り返すうちに、ベトつきは取れました。

ごく一部だけ、艶消し的な部分が取れちゃった場所もありましたが、個人的には全く気にならないレベル。

次の段階として、この状態を維持するためにカー用品として売られている、樹脂やプラスティック用の保護兼艶出し剤で仕上げると良い~という情報もあります。次はこれを試してみようと思っています。

今回の内容、カメラの機種や劣化の状態等によって反応が違ってくるものと思われます。試される場合はあくまでも自己責任でお願いいたします。

 

*アローカメラ&我楽多屋のFaceb0ookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。

2018年11月11日 (日)

木製プレート

45996015_2322438554465133_902595317

一昨日のこと、お客さんからこんなモノを見せていただきました。

ニコンFのネームプレートをオリジナルの木製プレートに換えていらしゃいます。

もう何年も前からご来店くださっている方なのですが、お話を伺うと、木を加工するのがお仕事であることを初めて知りました。

で、本業を活かして「お遊びでこんなものを作ってみましたっ!」とのことでした。

作るにはもちろん技術が必要でしょうが、このプレートはビス2本で留まっているだけなので交換は簡単です。

自分の名前やグループ名なんかを入れるのもあり。材料の木で色や質感の違いも選べるそうです。また、キーホルダーとして使うのもありですね。

「趣味程度に!?作っていけたら~」とのことでしたので、私も欲しい!とか、こんなの作れないか?とか、ご意見などをお聞かせいただけたら幸いです。

私のブラックには木の色味が濃いめの方が合いそうなので、こんな感じです。

45812777_2322438577798464_206319377

 

*アローカメラ&我楽多屋のFaceb0ookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。 

2018年11月10日 (土)

ELECOMさんの

46027135_2320922077950114_615935164

こんなネタふりをされました。「このケース、どう見たって一眼レフは入らないよねぇ」と。

コンピューター周辺機器のメーカーであるELECOM(エレコム)さんが販売している、カメラ向けソフトケースなんですけど、上の画像にあるようにパッケージには「一眼レフカメラ用」とか書いてあるのです。

同じくパッケージにある写真を見れば「ミラーレス一眼」と言いたいことは分かるのですが、意地悪なカメラ好きはこういうツッコミを入れたくなってしまうのですね。

ちなみに、ペンタックスMEあたりに40ミリのパンケーキレンズを付けたのなら、無理矢理に押し込めば入るかもしれませんけど...。

 

このネタふりを受けて、私も思い出しました。約1年程前に、やはりエレコムさんのカメラ向けリュックを購入しました。

45777755_2320846434624345_865468239

パッケージの「使用上のご注意」の筆頭に書かれていたのは、『本製品は、デジタルカメラの収納・携帯用品です。予期せぬ事故が起こる可能性がありますので、ほかの用途ではご使用にならないでください。』と...。

よって、フィルムカメラは入れることなく使っています。

この2例、揚げ足取りと言われれば、そうかもしれません。でも、カメラ用品専門のメーカーさんだったら起こさないようなミス!?だとも思います。デジタルカメラ用~というのは時代なのかもしれませんけど...。

 

★2018年11月10日(土)、我楽多屋は閉店時間を少し繰り上げて午後4時半に閉店させていただきますので、ご注意ください。よろしくお願い申し上げます。 

 

*アローカメラ&我楽多屋のFaceb0ookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。 

2018年11月 9日 (金)

フェド呼び

45628121_2319168264792162_194496897

今週はじめ我楽多屋に、「Luftwaffe(ドイツ空軍)」のマークが刻印された金色のライカを並べました。

当然というか…偽物です。

Leicaと刻印されていますが、ロシアカメラのフェドです。その画像をFacebookページにもアップしました。

で、昨日のこと。その情報を見ていないお客さんが「フェド・シベリア」と言って、寒冷地で手袋をしたままでも巻上げやシャッター操作が出来るようにノブなどを大きくしたモデルを持参されました。それも、ブラックボディで貼り革部分には木目調シートが貼られていました。

ただ、このシベリアというモデル自体の実体がイマイチ不明で、正規で作られたもの以外に後から真似てカスタムされた個体も多数あるそうです。

 

★2018年11月10日(土)、我楽多屋は閉店時間を少し繰り上げて午後4時半に閉店させていただきますので、ご注意ください。よろしくお願い申し上げます。

 

*アローカメラ&我楽多屋のFaceb0ookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。

2018年11月 8日 (木)

元祖!?写るんです

Kopi

富士フイルムの「写ルンです」といえば、レンズ付きフィルム(通称:使い捨てカメラ)の代名詞と言っても過言ではないほどに有名です。

最初のモデルは1986年に発売されました。ピント合わせや、シャッタースピードやレンズ絞りなどの露出操作を一切しないで、シャッターボタンを押すだけでキレイに撮れるのがウリでした。

デジタルカメラの時代になった今でも、依然として人気商品の一つであるようです。

しかし、その「写ルンです」の30年前、1956年の富士フイルムの広告に「写るんです」というフレーズが使われていたのが目に留まりました。

カメラは「フジカ35-EE」。

45494952_2315032161872439_845382566

そこには、「カメラを向け、シャッターボタンを押すだけ・・・めんどうな露光の計算は、正確な電気露出計が自動的に決定。だれでも、いつでも失敗なく鮮やかな写真がとれる〈EEカメラ〉です。」と謳われています。

写ルンですでは固定焦点とすることで不要になったピント合わせについて、この広告には書かれていませんが、フジカ35-EEの場合はピント合わせは必要になります。それに、露出についても全く何も触らなくていい~という訳では無いんですけどね...。

ただ、如何に簡単に写真を撮れるようにしようか~ってことは、この頃からずっとメーカーさんの課題の一つなんでしょうね。

 

★2018年11月10日(土)、我楽多屋は閉店時間を少し繰り上げて午後4時半に閉店させていただきますので、ご注意ください。よろしくお願い申し上げます。

 

*アローカメラ&我楽多屋のFaceb0ookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。

2018年11月 7日 (水)

16世紀~21世紀

本日水曜日は、アローカメラ&我楽多屋ともに定休日となっておりますので、よろしくお願い申し上げます。

また、今週土曜の11月10日、我楽多屋は閉店時間を少し繰り上げて午後4時半に閉店させていただきますので、ご注意ください。合わせてよろしくお願い申し上げます。

**********************

二代目の「先週撮ったもの行ったとこ」は、汐留。

汐留にイタリアの街並みをイメージした区画が出来た~と少し話題になったのは、いつ頃だったのでしょう?もう20年近くなるのかな...。

あまり足を踏み入れたことのないエリアでしたが、歩いて新橋へ行ったついでに通り抜けてみました。

その隣りの区画にビルに囲まれた小さな建物があって「ヨーロピアンギャラリー 16世紀~21世紀」というギャラリーがありました。中を覗くことはしませんでしたが、ちょっと気になる雰囲気。

45292610_2315075775201411_738952825

2018年11月 6日 (火)

メディカル系

常連の歯科医師先生に資料をお預かりしながら、ずいぶんと長い間、寝かせてしまっていたものがあります。

まずその前におさらい。今までに、このブログで歯科用カメラを紹介したことが数回ありました。

ヤシカエレクトロ35ベースのこんなのや(http://camera-kaukau.lekumo.biz/arrow/2011/09/yashica-oral-eye.html)、

6a0120a63eae74970b014e8b37af4a970d

写ルンですベースのこんなの(http://camera-kaukau.lekumo.biz/arrow/2016/04/post-efcf.html)など。

Dscf0893_1280x960

他にもあったような気がするのですが見つかりませんでした。もしかしたら、Facebookページで画像だけアップしてたのかもしれません。

で、最新のデジタル版はこんなのらしいです。

45416255_2313274878714834_655792961

ファインダー覗かないでライブビューですね。「液晶画面中心とレンズ光軸が一致」を謳ってます。これは違和感無さそうです、素人でも想像が出来る。

逆にうんと時代をさかのぼると~こんなの。

Imgp0209_2_1280x960

バルナックライカの時代ですね。こんな大仰な装置で撮影をしていた模様です。 

 

*アローカメラ&我楽多屋のFaceb0ookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。