アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« ビトー兄弟 | メイン | アナログ時計を写し込む »

2018年10月22日 (月)

半年独学

44433157_2278750725500583_420447766

半年ほど前に「私でも使えるカメラありますか?」と質問されて、正直なところちょっと参ってしまった...お客さんがいらっしゃいました。

どんなものを撮りたいのか?予算はどのくらいなのか?こんなカメラを使ってみたい~!とかイメージを何かお持ちなのか?そこらへんを少し決めてもらわないと勧めるのが難しいこと。

また、我楽多屋はジャンク品も多く、動いているものでも現状販売なので、そういう点も理解していただかないと~、そんな案内をしました。

以後、ちょいちょいご来店くださって、ジャンクカメラも理解のうえでお買上げいただいたり、それを使った感想などを聞かせてくださったり、他のお店でこんなものを買って使ってみた~などの話も聞かせていただくうちに、ずいぶんと日々勉強されてるなぁ~と感じていました。

先日、キエフマウントのロシアレンズをお買上げいただいた翌日に「自分の持っているボディに合わない...」と、ボディとレンズを持ってご来店されました。

ちょっと無理すると付くことは付いたのですが、これは多分ボディかレンズのどちらかのマウント部が微妙に歪んでいるのだろう?と判断。でも、我楽多屋にはボディの在庫が無かったので、それ以上のレンズ確認が出来ませんでした。

ただ、ボディ側のマウントのツメが微妙に歪んでいるようにも見えたので、その可能性もお話ししたうえで「買ってもらったレンズの返品には応じますよ」と伝えると、「いや、使ってみたいレンズなのでとりあえず大丈夫です」とのこと。

そして数日後、「他の店で見つけたジャンクボディを買って試したら、レンズが付きました!」と報告してくださいました。

その時、最初に私が聞いたのは「カメラ、写真はどこかで教わったんですか?それとも独学ですか?」と。

「独学です!」とのお返事だったので、続けて、「ちょっと偉そうなことを言ってしまうかもしれませんが、すごい勉強されていますよね。知識がドンドンついてきています。一番最初ご来店いただいた時に少し厳しい言い方をしてしまったと思うんですけど、あの時に『趣味として楽しむなら、自分でいろいろ考えて実際にやってみるのがイイと思いますよ~』とも言ったんですよ。それをまさに実行されていらっしゃって、こちらも嬉しいです」と。

こんな出来事もカメラ屋をやっていく上での励みになったりもします(^O^)/

 

*アローカメラ&我楽多屋のFaceb0ookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。