アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« 富士登山 | メイン | 明日はがらくた市 »

2018年8月23日 (木)

ストラップアイレットの穴の向き

39760737_2172034006172256_710039501

アサヒフレックスⅠAのストラップアイレットの向きが変な件。

ほとんどのカメラのアイレットは下の画像の右側のカメラのような向きで穴が開いていますが、アサヒフレックスⅠAは穴が上を向いています。

39741101_2172020302840293_330213349

これだと、ストラップを付けるのに丸環や三角環を介すと、環がちょっと変な向きで吊ることになってしまいます ↓ 。

39753188_2172020296173627_409511806

なので、このような形状の吊り金具を使うとストレスなく上手く吊るすことが出来ます ↓ 。

39786276_2172020286173628_478937748

アサヒフレックスもⅠ型とⅠA型はこの変な向きのアイレットですが、どうやらⅡ型とⅡA型は普通の向きに変更されているようです。

一眼レフの場合、今回のような穴の向きの問題だけじゃなくて、装着するレンズの重さや長さによってもバランスが変わるので、ストラップアイレット自体の位置決めにも難しさがあります。

実は少し前に話題にした、アサヒフレックスの革ケースにあるストラップアイレットも、無理矢理に前方にオフセットするような努力が感じられるものでした。旭光学さんもいろいろと試行錯誤していたのかもしれませんね。

 

*アローカメラ&我楽多屋のFaceb0ookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。