アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« ニコンのフルサイズミラーレス発進 | メイン | EOS10の空シャッター »

2018年8月25日 (土)

これからも現役Fマウント

今日もニコンねた。

新型ミラーレス機用のZマウントレンズ、さしあたって近々に発売なのは3種のようですが、今後のラインナップについても一昨日の発表会見で言及されていましたね。

また、ミラー有る機を止めるわけではないので、Fマウントレンズのシリーズ展開も継続していく旨の発表がありました。これには、ミラー有る機を使っているユーザーも安心されたことでしょう。

さらに、ZマウントボディにFマウントレンズを装着するためのマウントアダプターもぬかりなく製品化されるのは、広くニコンファンも安心したことでしょう。

とはいっても、Ai改造されていない最初期のニッコールなど、ごく一部のニッコールレンズには対応していないようです。

デジタルからニコンユーザーになったような若年層には、Ai改造されていないニッコールって何よ?と思われる方もいらっしゃるでしょうから、ここに同じNIKKOR-H AUTO 28mm/f3.5でAi加工されたものとされていないものがあるので、画像を載せておきます。

Ai

39993719_2178152158893774_484129189

上の画像、2枚とも右が非改造で左がAi改造です。Ai改造された方には、ボディと接する面の円周部に
2ヵ所出っ張りがあります(赤丸印)。

あと、未改造の方はボディと接する面の円周部がぐるりと一周、僅かに土手のよう高くなっています。

いちおう、これが手っ取り早い見分け方です。

 

*アローカメラ&我楽多屋のFaceb0ookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。