アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« ミニカーじゃありませんよ | メイン | 100円10分足らずで »

2018年7月12日 (木)

二眼レフのようで二眼レフでない その2

Img_0190_960x1280

ご存知の方も多いかもしれませんが~この二眼レフの形をしたもの、カメラではないんですが何をするものか分かりますか?

答えは先延ばしにしまして、同じく二眼レフの形をしたスライドプロジェクターを紹介したことが過去にありました。

Dscf6445_960x1280_2

金属製なのでとてもシッカリと作られていて、そういう点からもインチキ感はあまり感じられないものでした。でも、形は明らかに二眼レフを模したものでした。

実はあの時にも今回の代物の話は出ているんです。

で、今回の二眼レフの形を模したものですが、その答えは「鉛筆削り」です。

二眼レフでいうビューレンズ(上側のレンズ)に鉛筆を挿して、背面にあるクランクを回して削ります。テイクレンズ(下側のレンズ)部が引き出し状になっていて、その中に削りカスが溜まるようになっています。その仕組みは一般的な手回し式の鉛筆削りと同じですね。

Img_0191_1280x960

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。