アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« 盗み撮りの欲求は… | メイン | カメラ女子版「今日のお客さんカメラ」 »

2018年6月17日 (日)

CONTAX 50years

本日2018年6月17日(日)、我楽多屋は臨時休業させていただきます。よろしくお願い申し上げます。

 *アローカメラの買取り業務は通常営業です*

Img_0166_1280x960

35年前の記憶がある方お願いします。

この「コンタックス50周年記念メダル」が、どういう経緯(手順?)で配布されたのかを知りたいのです。

メダルケースに添えられた挨拶状には、以下のように記されています。

* * * * * * * * * * * * *

このたびコンタックス誕生50周年記念にあたり、「オールドコンタックス」のご愛用者名簿にあなた様のお名前を登録させていただきましたことをお知らせできますのは、私の最も喜びとするところであります。

ここに心からなる感謝の念をこめて、記念メダルを贈呈いたします。

今後ともあなた様とコンタックスを結ぶきずなが末永く継続されることを念願いたします。

1983年春、カールツァイス財団理事 ドクター・ホルスト・スコルデク

* * * * * * * * * * * * *

文面の内容からして、オールドコンタックスを持っている人に贈られたものであることが読み取れるのですが、それがどういう手筈で行なわれたのか?知りたいのです。

Img_0164_1280x960

Img_0165_1280x960

メダルは片面にオールドコンタックスである「Ⅰ」型、片面にニュー!?コンタックスの「RTS」が彫られています。

RTSということは、日本のヤシカが絡んでの企画と思います。当時、RTSなどのコンタックスブランドのカメラを製造・販売していたのはヤシカですから。ちなみに、ヤシカが京セラに買収されたのは、このメダルが頒布された半年ほど後の1983年10月のこと。

どのみち、ヤシカ自身はオールドコンタックスには関与してませんからね...。なのに、ヤシカのどこかの窓口にオールドコンタックスを所有しているという証しをすれば、貰えたメダルなのでしょうか???

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。