アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« キヤノン、フィルムカメラは82年で... | メイン | 出戻り!?キエフ »

2018年6月 2日 (土)

アサヒペンタックスSは販売されていた

Img_0138

2018年5月28日付ブログの中で、アサヒペンタックスの「S」型は試作機のみで販売されなかった~と記述したことについて、ブログ読者のSさんからお手紙をいただきました。

Sさんは当時新品で「S」型を購入されている!というのです。

お手紙の内容は、広く一般的に「S」型は試作機のみという情報が流布しているので、以前、カメラ誌「CAPA」を出版している学研に寄稿したことがあるのだそうです。

その際に出版社の調査の結果、国内での正規販売はされなかったが輸出用に1年間ほど量産販売されていたことが判明したのだそうです。なので、Sさんが購入されたのは逆輸入などされた「S」型だったのだろう~という結論に至っているとのこと。

ここに、5月28日付ブログの内容に誤りがあったことをお詫びして訂正いたします。

 

また、5月30日付ブログで「大阪・甲子園」という表記したことにつきましても、甲子園が大阪府にあるものと誤解を招く表記になってしまいました。わたし的には、高速バスで大阪まで行くことが旅の目的だったこと、大阪を出入り口に甲子園へも行ったということで、そう表記したのでした。甲子園を所在地でいうなら「兵庫県西宮市」です。

こちらにつきましても、誤解を招く表記をしてしまったことお詫びします。

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。