アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« 2018年5月 | メイン

2018年6月

2018年6月23日 (土)

FABRIQUE EN FRANCE

Img_0172_1280x960

デジタルカメラ時代になって、ほとんど使われなくなったものの一つ「スライドビュアー」。

中には、マウント加工した35mmスライドフィルム専用のこんなタイプのものもありました。

Img_0171_1280x960

Img_0173_960x1280

マウント加工したスライドをホルダー部に積み重ねておいて、カチャカチャと可動部を手で動かすと1枚ずつ順番にビュアー部に移動して、バックライトに照らされたうえに手前のレンズで少し拡大して見えるという仕組み。見終ったスライドは本体下部に順番に落ちていきます。

いくつかのブランドがあったような気がしますが、コニカ・ブランドものの記憶が強いかな。

今回のこれの底面には「FABRIQUE EN FRANCE」と記されていました。

へぇ~!おフランス製でもこんなビュアーがあったんだ!と、思わずちょっと見る目が変わってしまいました。心なしか…角の取れたデザインがお洒落な気がしなくもない。正面には「POSSO Automatic」と記されています。

電池ボックスを開けてみたら、単2電池2本で豆電球を点けて~というのは、コニカあたりのと同じですね。。。

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。

 

 

今日はがらくた市

Ctpurasu

本日23日(土)は、我楽多屋の「がらくた市」です。

梅雨だから仕方ないですが、空模様は午後の方が降水確率が高いようで。。。

今月も田中長徳先生トークショーを行なう通常バージョンでの開催です。

念のためタイムスケジュールを以下に記しておきます。

  • 午前10時  : 開店
  • 午後2時    : 全品1割引サービス開始
  • 午後2時半~: 田中長徳先生トークショー開始(終了予定は午後4時)
  • 午後7時    : 閉店

トークショーは我楽多屋店内で開催します、その間は店内でのお買い物は出来なくなります、ご了承ください。また、開催中は座り聞きOKですので、各自、敷物や座布団などお持込いただいて結構です。

2018年6月22日 (金)

トプコンのプライスカード

Img_0168_1280x960

買取名人が「これ要るか?」と言って持って来ました。少し前の買取りの時に一緒に持ち込まれたものらしいです。

ということは、トプコンのカメラやレンズの買取り依頼だったのだしょうが詳細までは不明です。

でも、トプコンのカメラを当時新品で買ったとしても、このようなお店のウインドウに並べるようなプライスカードは貰えるものではないですね(^-^)

私 二代目なんかもそうですが、カメラマニアの皆さんも普通に売られていたカメラやレンズなんかよりも、こんな非売品の方に不思議な魅力を感じる人も多いのではないでしょうか?

価格はたくさん記されていますが、もともと非売品のプライスカード。我楽多屋ではいくらくらいの値付けにしましょうかね!?笑

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。

2018年6月21日 (木)

カロワイドのファインダーとフード

今日のブログは、長徳先生のブログ(http://chotoku.cocolog-nifty.com/blog/)と勝手にコラボしてみます。

6a0120a63eae74970b012875a77397970c

21日付「チョートクカメラ日記」でカロワイドについて語られていますが、文中に出て来る「コンツールファインダー」。これはこのブログでも話題にしたことがありますが、私も当初はかなり苦手でした。

でも最近は、長徳先生が言われているように「冗談が通じる人に」なって来たのだと思います。難なく「両方の目を開けて頭の中でブライトフレームを実際のシーンと合成する」ことが出来るようになりました(^-^)。

6a0120a63eae74970b0120a69dfe31970b

それから、このカメラのフードがイイんですよね!楕円形なんです。

世界中にいろんなレンズフードが存在していますが、楕円はこれだけじゃないかと思います。造りも秀逸です。

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。

2018年6月20日 (水)

いつまで見られるのか昭和の遺物

本日水曜日は、アローカメラ&我楽多屋ともに定休日となっておりまので、よろしくお願い申し上げます。

*******************

二代目の「先週撮ったもの行ったとこ」は、旧電通本社ビル。

近くへ写真展を見に行って気付きました。といっても、先月も同じ会場へ写真展を見に行ってるし、それ以外にもこの前は何度か通っているのに...気にしていなかったのです。

このビル、都市計画による建て替え待ちで、もう数年前から空き家状態になっているようなのです。

建築に詳しくないのですが、建築家・都市計画家の丹下健三氏が手掛けて1960年代に竣工したビルだそうです。50年も前の建物なのに妙に近代的なイメージで、それが空き家でガランとしているので、エントランスなど不思議な雰囲気が漂っていました。

35198958_2031199156922409_420896080

2018年6月19日 (火)

ストラップ通す位置を前寄りにするため

★本日6月19日(火)、急な出張買取り業務のためアローカメラ&我楽多屋ともに臨時休業させていていただきます。よろしくお願い申し上げます。

 

カメラをストラップで吊って持ち歩く時、付けてるレンズが重かったり長かったりする影響でカメラが下を向いてしまうことが気になったことありませんか?逆に、レンズが軽かったり短かったりする影響でカメラが上を向いてしまうこともあります...。

この問題、両吊りのストラップでカメラを身体の前、お腹あたりに吊っている人に多い問題かもしれません。

でも、レンズ交換式カメラの場合はいろんなレンズを付けるのが前提ですから、メーカーがカメラを造る時点でボディのストラップアイレットの位置決めが非常に難しい~ということになります。

その辺を良く考えて作られたのであろう~と思うカメラもあれば、全然考えてないだろっ!的なカメラもあって、マニア間では話が盛り上がるとも言えます。

35665637_2039694279406230_755703846

さて、このアサヒフレックス(画像は対米モデルのTOWER23)の革ケースにあるストラップアイレットは、ストラップを通す位置を前方にオフセットするために金属部分がちょっと大袈裟な造りになっています。

そのおかげなのでしょう。ご覧のように長めのレンズを付けても下へ向く角度がゆるいような気がします。逆に短い標準レンズを付けても上を向いてしまうこともありませんでした。

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。

2018年6月18日 (月)

カメラ女子版「今日のお客さんカメラ」

35477047_2036397409735917_255487890

以前にも数回ご来店くださっているカメラ女子がご来店。「メインで使っているニコンF6で接写をしたいので、マクロレンズありますか?」と。

まず、ふだん使っているレンズはAFレンズなのかどうか?伺いました。AFのマクロレンズはアローカメラの買取りで買取っても、まず我楽多屋に並べることはないですから。。。

しかし、ふだんからMFレンズを使っているというのです。それも我楽多屋で買ってくださったというAi改造のオートニッコール50mmが気に入ってるそう。

だったら、値段も安いので~とりあえず接写リング使ってみては?とおススメしました。

試しに接写リングを付けてファインダー覗いてみてもらって、満足いただけたました。

ついでに、カバンに入っていた他のカメラも見せてくれたのですが、オリンパスペンとLOMO。デジタルはスマホのみだそうで、とにかくフィルムカメラが大好きそうで何より。

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。

2018年6月17日 (日)

CONTAX 50years

本日2018年6月17日(日)、我楽多屋は臨時休業させていただきます。よろしくお願い申し上げます。

 *アローカメラの買取り業務は通常営業です*

Img_0166_1280x960

35年前の記憶がある方お願いします。

この「コンタックス50周年記念メダル」が、どういう経緯(手順?)で配布されたのかを知りたいのです。

メダルケースに添えられた挨拶状には、以下のように記されています。

* * * * * * * * * * * * *

このたびコンタックス誕生50周年記念にあたり、「オールドコンタックス」のご愛用者名簿にあなた様のお名前を登録させていただきましたことをお知らせできますのは、私の最も喜びとするところであります。

ここに心からなる感謝の念をこめて、記念メダルを贈呈いたします。

今後ともあなた様とコンタックスを結ぶきずなが末永く継続されることを念願いたします。

1983年春、カールツァイス財団理事 ドクター・ホルスト・スコルデク

* * * * * * * * * * * * *

文面の内容からして、オールドコンタックスを持っている人に贈られたものであることが読み取れるのですが、それがどういう手筈で行なわれたのか?知りたいのです。

Img_0164_1280x960

Img_0165_1280x960

メダルは片面にオールドコンタックスである「Ⅰ」型、片面にニュー!?コンタックスの「RTS」が彫られています。

RTSということは、日本のヤシカが絡んでの企画と思います。当時、RTSなどのコンタックスブランドのカメラを製造・販売していたのはヤシカですから。ちなみに、ヤシカが京セラに買収されたのは、このメダルが頒布された半年ほど後の1983年10月のこと。

どのみち、ヤシカ自身はオールドコンタックスには関与してませんからね...。なのに、ヤシカのどこかの窓口にオールドコンタックスを所有しているという証しをすれば、貰えたメダルなのでしょうか???

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。

2018年6月16日 (土)

盗み撮りの欲求は…

Img_0160_1280x960

北欧系の雑貨店で見つけた『「sry lens」for スマトフォン&タブレット』。

スマホにもこれ系のモノが出て来たのかっ!?と笑ってしまいながら、値段が300円程だったので、つい買ってしまいました。

フィルムカメラの時代から、人間ってのは盗み撮り系の欲求はたくましくて、こんなモノあんなモノ的なカメラアクセサリーがありました。

例えば、一眼レフのレンズの前に付けてカメラを構えたのとは違う向きを撮影しようとするこんなアクセサリーや、それを二眼レフでもやってやろうという~ローライフレックス用のこんなアクセサリーや、あのライツも出していた横向きファインダーは、このブログでも紹介したことがありました。

さて、今回発見の「spy lens」。早速、パッケージを開けてスマホに付けてみました。こんな感じです。

Img_0161_1280x960

これで、今、本来のレンズの向きに対して90°前方を写しています。ミラー部分がグルッと回転するので右方向や左方向からスマホ持ってる自分の手の方も撮ることが可能です。

実はずいぶん前に、歩きスマホをどうしてもやめられない人対策として、スマホを構えた前方を写せる機能付きのスマホやアクセサリーがあったら面白いのに!と考えたことがありました。スマホ画面の一角に前方を写したサブウインドウを表示させて、歩きスマホをしていても前方が見えるようにする~っていう皮肉策です。残念ながら、今回のアクセサリーではちょっと角度が悪いです…。

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。

2018年6月15日 (金)

ガミ16ご持参の方に!

Img_0059_1280x960

先日来2度ほど話題にしているこのストラップ。

簡単に説明しますと、何用なのか分からないけどイイ感じのチェーンストラップ~とブログで話題にしたのが1回目。それを見たお客さんがご来店、ご自分なりのご発想でお買い上げくださいました。

しばらして、「あのストラップは何用か分かりましたか?」と正解を教えに来てくださったお客さんがいらっしゃいました。そのことをブログネタにしたのが2回目

すると、前にこのチェーンストラップをお買い上げくださったお客さんが再びご来店されて、「希少品のガミ16用と分かった以上は、私が下手に加工して他のカメラに使用するのは勿体ない…」と、他の不要品と一緒に物々交換に持って来られたのです。

というわけで、『ガミ16用チェーンストラップはじめました。(限定1本)』ってわけです。

Img_0159

そういう経緯ですので、このストラップは「ガミ16」をご持参いただいた方にお売りしたいと思います。

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。