アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« フィルム装てん日確認 | メイン | 入門機に「使える一眼レフ」 »

2018年5月18日 (金)

マウントもダミー

Img_0101_1280x960

我楽多屋にはカメラ関連の色々なモノがやってくるのですが、カメラ店や展示会用と思われるカメラのダミー機も今までに何回かやって来ました。

今回やって来たのは、ニコンのデジタル一眼レフD3300のダミー機。

ちゃんとボディキャップが付いていると、外してみたくなるもの。ニコンFマウントは多くの他のマウントと違って脱着の際の回転方向が逆なので、それを気にしながらキャップを回すと外れました。

が、ニコンFマウントってツメが3つのバヨネットなのに、このダミー機のキャップにはツメが2つしかありません。ボディ側のマウント部も切り欠きが同じく2つ。

Img_0105_1280x960

ということは、ニコンさんはダミー用のマウントをわざわざ作っていることになります。

ボディキャップなんか、前側はどう見ても最近のFマウント用のと同じ大きさデザインなのに、接合側をわざわざ変えているってことは、そのために型を起こしているんですよね。

ちなみに、パナソニックのマイクロフォーサーズ機とソニーのEマウント機も一緒に入って来たのですが、こちらはマウントは本物と同じようです。そして、これらにはダミーのレンズも付いていました。

ニコンとパナソニック・ソニーの比較では、ダミー機本体自体もニコンは電池蓋なども一体成型になっていて開閉出来ないのに対して、パナソニックとソニーは電池蓋の開閉が出来て、オリジナルの外装を流用しているように思えます。

この違いは何なんだ!?

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。