アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« Rollei と Ricoh | メイン | 橋と高架に挟まれた月 »

2018年4月10日 (火)

この組み合わせホントは不自然

Dscf3850_1280x960

まず、今日のネタはかなりマニアックです。

上の画像のカメラとレンズの組み合わせは何か変なんですが、それは何故でしょう?その理由を答えてください。

 

それでは、正解を発表します。

ボディのペトリMF-1のマウントはM42スクリューです。レンズはオリンパスのズイコーですが、OMシリーズが出る前にわずかな期間だけ存在していた、FTLというボディ用のM42スクリューマウントレンズです。

ともにM42マウントなので装着出来るはずなのですが、オリンパスのこのM42マウントレンズには開放測光に対応するために絞り値をボディへ伝える突起(下の画像、矢印の先にある)があるので、それが邪魔になって、本来はペトリMF-1(下の画像内、後方右側のボディ)には付かないのです。

Ompin

が、上の画像内、後方左側のペトリMF-1は、マウントの外側をグルッと一回り小さく削ることによって装着を可能にしているのです。

マウント面だけアップした画像も載せておきます。

Dscf3854_1280x960

 

そんなの分からないよ!という方が多数でしょう。この改造をやったご本人もそう言われていました。

中には、削ってしまう…という改造に異議を唱える人もいらっしゃるかもしれませんね。でも、僅かに削ることによってマウント強度が少し失われているかもしれませんが、本来の機能が失われているわけではないので許してやってください。

これ、ペトリ好きな人がやった改造です。ペトリを愛するがゆえに、他の良いレンズを付けてみたくなった。そんな出来心からなのです。

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。