アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« 招き猫 | メイン | アルサット »

2018年4月19日 (木)

私でも、使えるカメラ

まずは、本日2018年4月19日(木)、我楽多屋は閉店時間を繰り上げて17時半とさせていただきますので、よろしくお願い申し上げます。

 

最近、フィルム初心者と思われる人、初心者だと名乗る人から、何度か「どんなカメラがおススメか?」聞かれることがありました。

ある人には「私でも使えるカメラ」と聞かれたので、「私(あなた)」がどんな人か、どんな写真を撮りたいのか、どんなイメージでカメラを楽しみたいのかも分からないのに、いい加減にススメるわけにもいかないので、もう少し希望など絞れないものか聞いたりしました。

それ以前に我楽多屋に並んでいるカメラが、どこかにトラブルを抱えているジャンク品がメインなので、他の中古カメラ店を勧めることもしたりしました。

ここまで書いて、去年もこれに似たような話題をしたなぁ~と思ってさかのぼってみたら、半年ちょっと前にありました。そちらも読んでみてください→http://camera-kaukau.lekumo.biz/arrow/2017/09/post-7fed.html

こんな話をしていたら、常連さんが「写ルンですをお勧めしたら(笑)」と冗談を言われたので、それもそうだなぁ~ってわけで、今日の画像です。

30726044_1955346821174310_8418077_2

さて、4月28日に富士フイルムさんが丸の内に「FUJIFILM Imaging Plaza」をオープンさせるそうです。関係サイトには以下のように説明されていました。

『顧客とのダイレクトコミュニケーションによる接点をさらに強化するため、2018年春に、デジタルカメラ「Xシリーズ」「GFXシリーズ」をはじめとするイメージング製品の魅力を体験できるブランド発信拠点「FUJIFILM Imaging Plaza」を東京・丸の内に開設します。本拠点は、目の前に広がる皇居の風景を眺望できるエリアに立地し、最新ミラーレスデジタルカメラや交換レンズ、高画質プリントなどの顧客体験、レンタルサービスやアフターサービスをはじめとする各種サービスをワンストップで提供する拠点です。今後、富士フイルムは、本拠点を通じて、顧客満足度をより一層向上させるとともに、「Xシリーズ」「GFXシリーズ」や高画質プリントなどイメージング製品のブランド価値をさらに高めていきます。』

社名にいまだに「フイルム」入ってるけど、ここでは写ルンですやフイルム関係のものは扱わないんだろうなぁ。モノクロ印画紙に引き続き、モノクロフィルムの販売打ち切りのニュースも発せられたばかりです。

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。