アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« 私でも、使えるカメラ | メイン | 湿板写真のすすめ »

2018年4月20日 (金)

アルサット

Img_0050_960x1280

「シフトレンズ」をご存知ですか?と聞いておきながら、ちゃんと文章で説明するの面倒そう...。

レンズ(光軸)をズラすことで、ビルを見上げて撮る際にビルの上部を狭まらせずに、ビルの縦のラインを垂直に写したり出来ます。詳しくは各自お調べください。スミマセン。

今日の話題はウクライナ製のシフトレンズ「ARSAT(アルサット)H 35mm/F2.8」です。これはお客さんの持ち物です。

お話を伺うと、非常に満足できるレベルの描写をするそうですが、チルトは片方向にしか出来なくて(その代わりにマウント付近が12段階のクリック付きで360°回転するようになっています)、チルトさせ過ぎると、脱線して鏡胴が外れてしまうのだそうです。

外れた状態を見たかったのですが、さすがにそれをお願いするわけにもいかず…。

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。