アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« このニッコール、重っ!! | メイン | ゴールデンウィーク中の営業について »

2018年4月23日 (月)

ビッグM6

Img_0055_1280x960

ライカM6には、通称で「ビッグM6」または「ビッグネーム」とか呼ばれているバリエーションがあります。

まさか!?ですが、ボディサイズがオリジナルよりビッグだったりはしません。性能・仕様は通常のM6と同じです。

通常はボディ正面に「LEICA」「M6」と2行に刻印されているネームが、「ビッグM6」と呼ばれるボディでは「M6」とだけ刻印されています。よって、通常のものより「M6」の文字が少し大きいので、そう呼ばれているのです。

どうしてそういうモデルが存在するのか?詳細は分からないようですが、M6が発売されて数年目の1988年に、社名がLeitzからLeicaに変わります。ちょうどそのころ製造されたものに少数存在するようです。

社名が変わった時、正面中央に貼られたあの赤丸マークの中の文字も「Leitz」から「Leica」に変わるので、赤丸の「Leica」と刻印の「LEICA」がダブるのを嫌って「M6」だけにしたんじゃないか!?なんて推測もあるようですが、真偽は分かりません。

そのあとすぐに「LEICA」の刻印が復活しますし、M7以降からまた「LEICA」の刻印が無くなってビッグネームが通常になりますからね。

で、こんなビッグM6の話題をすると~ついお遊びしたくなるのが悪い癖。猛烈にビッグネームなM6に仕上げてしまいました。念を押して言います、下の画像のM6はお遊びですからね!

Img_0053_1280x960

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。