アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« 我楽多屋で買ったモノマガジン更新 | メイン | フード付 »

2018年2月 9日 (金)

右が本物の「TW-3」

Dscf3700_1280x960

富士フイルムの「TW-3」ってカメラをご存知でしょうか?

ハーフ判のカメラなんですが、フィルムを縦送りするので普通に構えると横位置の写真が撮れます。このスタイルはコニカ・レコーダーと同じです。

特徴的なのはレンズが2焦点なんですが、前面のレンズカバー部を回転させて、向かって右側にある69㎜のテレレンズと、左側にある23㎜のワイドレンズを使い分けるようになっているのです。

Dscf3702_1280x960

裏蓋を開けて覗きこんで見ると分かるのですが、テレレンズを選択した時はボディ内で2枚のミラーに反射させて焦点距離を稼いだうえに、ズレた光路を的確にフィルム面に届けています。

Dscf3704_1280x960

また、今となってはこのカメラの一番の問題点であるのは、電池が自分で交換できない点。当時は寿命の長いリチウム電池を採用することで、万が一の時にはサービスセンターで交換すれば良いこと~ということにしたのでしょうが、このカメラが出たのは1985年のこと。さすがに、電池寿命オーバーのカメラが殆ど。

 

さて、今日の本題はこのカメラの性能・機能のことではなくて、TW-3の形をしたアメニティグッズ入れ(下の画像、それぞれ並べた左側がアメニティグッズ入れ)。これは今回初めて見ました!!

Dscf3706_1280x960

Dscf3710_1280x960

中にはちょっと年代を感じる男性用のヘアトニックやリキッドなどが入っていました。ミラーも付いてました。

Dscf3707_960x1280

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。