アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« 坂崎さんが触ったフード | メイン | タムロンのレンズケース »

2018年2月 5日 (月)

テッシナでも「呼び」

先週の日曜日に話題にしたリガ・ミノックスのAさんが、同じ日にもう一つ似たような「呼び」ネタを提供してくださっていました。

実はAさん、リガ・ミノックスをお買い上げいただいた昨年末に、テッシナ用のフィルター他もお買い上げいただいていたのです。

その時にフィルターと一緒にあったもう1個のモノを、正直なところ私は、テッシナ用のアクセサリーだろうけども詳細を理解していませんでした。

Aさんはテッシナについてもミノックスの時と同じように、1年ほど前にテッシナ用のあるアクセサリーを買っていただいていたのです。

テッシナさんによると、「1年前と昨年末の買い物で揃った感じなんです!」とのこと。

Dscf3669_1280x960

上の画像、ボディの上で右側に乗っかっているのが、1年ほど前にお買い上げいただいた光学系がない折り畳み式のまったく素通しのスポーツファインダー。その左側に乗っかっているのが、昨年末にお買い上げいただいたボディにあるピントグラスを拡大してウエストレベルで見られる拡大鏡。

並べて乗っけると、スポーツファインダーを折り畳んだ時の弧を描いたフォルムが、拡大鏡のそれとほぼ同じになるのが、とてもイイとのこと。

Dscf3670_1280x960

 

もともと、テッシナに標準で付いているファインダーは、ボディのピントグラス上部に付ける折り畳み式のアルバダ式ファインダーです。これはこれで、ウエストレベルで見ればピント合わせも出来るし、アイレベルで見れば画角も確認出来る便利ファインダーではあるのですが、小さくてピント合わせがしづらかったりはするのです。ただ、テッシナには横のスペース(標準では露出表)に乗っけられる露出計や時計なども用意されているので、これ(下の画像の状態)が標準なんです。

Dscf7487_1280x960

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。