アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« テッシナでも「呼び」 | メイン | 自主トレ »

2018年2月 6日 (火)

タムロンのレンズケース

Dscf3697_960x1280

タムロンにプラスチック製でこんな形状のレンズケースがあったのを初めて見たと思います。

透明な上カバーは至って普通なんですが、底側に特徴があります。

Dscf3698_1280x960

黒い底の下側に乾燥材を入れるスペースがあります。デシケーターとして機能します。

Dscf3699_1280x960

そして、黒い部分の底面は8角形で、その側面に凹凸状のツメがあって、どうやら噛み合わせて結合させることが可能なようです。ただ、今ここに1個しかないので、試しようが無いのがとても残念です。

でも下のイラストのように、このレンズケースを繋げて並べて置いたところで、レンズの出し入れは非常に面倒な気もします・・・。

8

あと一つ、例えばこれがニコンの純正レンズケースだったら、底側はニコンFマウントなんでしょうし、それは他のカメラメーカーでも自社用のマウントになっているのですが、タムロンはレンズメーカー。いろんなマウントのレンズを作っています。

また、タムロンのマウント交換式アダプト―ルだとしても、実際のところユーザーの多くは自分が使っているカメラに合わせたアダプト―ルを付けて保管するのが常でしょう。なので、このケースの底側は大きめな凹みがあるだけで、何か特定のマウントを固定できるようにはなっていません。

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。