アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« 芸が細かい革ストラップ | メイン | フジのS1 Proって »

2018年1月12日 (金)

ENSIGN FUL-VUE

Dscf1070_960x1280

宮崎駿監督の映画に出て来る妖怪のような恰好をしたカメラです。

イギリス製のエンサイン・フルビューというカメラ。このモデルは1946年頃から4年ほど作られていたモデルのようです。

二眼レフタイプのボックスカメラで、120フィルム使用の6×6判。

Dscf1075_1280x960

手のひらにも乗るサイズですが、黒い結晶塗装の金属ボディゆえに、オモチャっぽさはなくて、やはり妖怪っぽいです(笑)。

シャッタ―速度はバルブと単速のみ。レンズ絞りは固定でヘリコイドもないのですが、レンズをわずかに前方へ引き出すことが出来て、いくらか近接の撮影も可能なようです。

あるサイトの情報によると、通常2メートル以遠にピントが合うのに対して、引き出すと1メートル付近に合うらしいです。

Fulvue

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。 

*田中長徳写真集「WIEN MONOCHROME 70's」の特別販売をアローカメラ&我楽多屋のウェブ限定で行なっています(1月15日まで)。→http://camera-kaukau.lekumo.biz/arrow/2017/12/wien-monochrome-00d4.html