アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« 絵画館前のいちょう並木 | メイン | 特別販売!田中長徳写真集「WIEN MONOCHROME 70's」 »

2017年11月30日 (木)

カメラのケースって

23905675_1772491139459880_983001628


カメラのケースって、そのほとんどがボディ底面にある三脚用のネジ穴を利用して固定するので、ボディ形状はもちろん、ネジ穴の位置も合わないといけなくなります。だから、ほぼほぼ機種専用になります。

時々、お客さんに「専用じゃなくても合えばいいんだけど~」と言われますが、そうなると現物合わせしてみないと分かりませんね。。。

あっ、これはフィルム式カメラでの話。デジタル式カメラになると、背面の液晶の位置大きさ、操作ボタンの位置が影響するので、もう専用じゃないと無理でしょうね。

そうは言っても、時々お客さんから「〇〇のケースが□□のボディにピッタリ合った!」などという
情報をいただくこともありますが、、、すみません、その情報を蓄積していないのは、やはり自己責任で~という部分があるからです。

さて、画像はニコンFEがニコンF2用の底ケースに入ってる様子です。ケースのネジ位置とボディのネジ穴の位置が適当で、うまい具合にねじ込んで落ち着いてます。でも、F2の方がボディが明らかに大きいわけですから、ボディとケースの間に隙間が出来てしまうのは仕方ありませんけど、左右ほぼ同じ間隔なのです。

「だから何?」と言われても、偶然にこういう結果でした!という報告なんですが、人によっては、これの方が使いやすいという人もいらっしゃるかもしれないので、ネタとして記録しておきました。

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。