アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« GERMANY U.S.S.R | メイン | ジャンク品のカード払いって... »

2017年10月13日 (金)

digiFilm Y35

Http2f2fjphypebeastcom2ffiles2f2017

22aba7e363dbe356f5aada7a35bd89ef_or

少し前に噂を聞いた記憶もあったのですが、ここ数日で急に話題になり出しています。ついに現実のものになるようです。

ヤシカエレクトロ35のカッコをした不思議なデジタルカメラ「digiFilm Camera Y35」のクラウドファンディング受付が始まったようです。

詳細はサイトで確認していただきたいのですが、ざっと説明してみますと~。

外観デザインは約50年前に発売されたヤシカ・エレクトロ35にかなり似せているデザイン。ただ、金属ボディではないそうです。これ、かなり残念...。

ボディには光学ファインダーしか装備されておらず、撮影時はフィルム式レンジファインダーカメラと同じように、それに頼るだけ。撮影時、シャッタースピードだけは選択できるようです。

カメラ本体では、撮影後の画像を確認することも出来なければ、消去も出来ないらしい。SDカードに記録された画像をパソコンなり何かに繋いでみるまで分からないのは、現像を待つフィルムカメラと同じ感覚ってことでしょう。

シャッターを切るにはレバーによるフィルム巻上げ風な操作(シャッターチャージ)も必要。あと、まるでフィルムを装填するように裏蓋を開けて、「digiFilm」というデバイスを装填しないと撮影が出来ないそうです。

その「digiFilm」には、高感度・モノクロ・ノーマル・スクエアフォーマットの4種類があって、装填した「digiFilm」によってSDカードに記録される画像の色合いや画質が異なるらしい。

詳細はこちらのサイトでご確認ください→https://www.kickstarter.com/projects/1940283777/expect-the-unexpected-digifilmtm-camera-by-yashica?ref=discovery

 

ちなみに、下の画像はもともとのフィルム式カメラ「ヤシカ・エレクトロ35」。

Dscf8677_1280x960

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。