アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« ポーランド製 Alfa-2 | メイン | フィルムカメラ・ライフ »

2017年7月17日 (月)

革ケースとフードが立派

昨日話題のポーランドはWZFO社製「Alfa-2」について追加情報、アクセサリーについて2点ほど。

Dscf8448_1280x960

立派な革ケースがありました。デザインからして庶民向けカメラな感じなのに、丁寧に作られた革ケースは分不相応な気がしなくもないですが、そういう時代だったのでしょうね。って、いつ頃のカメラなのかも不明でしたが...分かりました、登場は1950年頃のようです。

ただ面白いのは、ボディは縦にした状態で「Alfa-2」のプレートが貼られているのに、革ケースは横にした状態で「WZFO」または「ALFA」って文字が型押しされています。

 

Dscf8447_1280x960

もう一つの気になったアクセサリーは象牙っぽい色をしたキャップ。ただのキャップかと思っていたら、フードも兼ねていました!

画像内、右手前のカメラに被せてあるように、こんな感じで使う単なるキャップかと思っていたのですが、口の小さい側が外れるようになっていて、外すとそこがレンズ先端部の径と揃っているので、フードとして装着できました。考えられていますね。

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。