アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« f=3.5cm 1:1.8 ‘L’ | メイン | ポーランド製 Alfa-2 »

2017年7月15日 (土)

ボディキャップのロゴの向き

一昨日だったか、SNSのタイムライン上に現れた某中古カメラ店さんの商品画像で、ニコンのボディキャップが正位置でない状態のF2ボディがドーンと出て来て気になってしまいました。

で、我楽多屋にあるニコンボディに付いているキャップの位置について、念のため確認してしまいました。

が、実は普段あまり気にしていないんですよ、キャップの位置は。特にニコンFマウントのキャップとボディの場合、丸ポッチの位置を合わせなくてもキャップが出来てしまいます。ボディキャップにある3つの爪が等間隔なので、3パターン引っ掛かり口があるわけです。

正位置でキャップをすれば「Nikon」のロゴが水平な位置で止まるのだけど、正位置からズレた他の2ヵ所からキャップを合わせると、「Nikon」のロゴが斜めになった位置で止まってしまいます。

Dscf8439_1280x960

Dscf8440_1280x962

キャップする上では何ら支障はありませんけどね。見た目の問題だけ。

でも、これはあくまでもキャップとボディ、またはキャップとレンズの場合です。ボディとレンズではちゃんと丸ポッチを合わせて脱着してください。

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。