アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« ニコン100年、ペトリ110年 | メイン | SEARSの大ケース »

2017年7月28日 (金)

ニコンF80のファインダーって

Dscf8481_1280x960

先日、お客さんに「これ(ニコンF80)のファインダーって、こんな暗い感じでしたっけ?」と聞かれました。

え?と思いながら考えたのは、ミノルタα-Sweetあたりで時々見られる、ペンタミラーの変色か!?とか...。

で、ファインダー覗いてみたら、それ系の変色とは違うのだけど、確かにぼわーっとしていて暗めで違和感。

それに、ニコンF80は同じニコンのuシリーズじゃないから、ミラーペンタじゃなくて、ちゃんとしたペンタプリズム装備しているので、それ系の変色は考えられない。

ん??と思っていると、居合わせた他のお客さんが、「液晶パネルを組み込んでるファインダーじゃないですか?それだと電池切れしていると、ファインダー暗くなりますよ。」とアドバイスしてくれました。

なんですと!!

20376115_1623838504325145_340313821

20294460_1623838510991811_901118558

実は私、かつてF80を私物で使っていたことあるのに、そんなこと知りませんでした!たしかに、このカメラの利点としてモード切替でスクリーン上にグリッドを出すことが可能でした。あれは液晶パネルが内蔵されてるからだっ!!

その機能を重宝がっていたのに、今回のことに気付けなかったことにちょっと落胆…。

でも~言い訳すれば、使ってる機種って電池が入っていない状態でいじることまずないし、電池が完全に切れるまで使わないよなぁ~という言い訳。

いろいろ調べていたら気付きましたが、このことF80の取扱説明書にはちゃんと書かれていました…。

Dscf8486_1280x960

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。