アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« 100周年は「ぐにゃり」でなかった | メイン | BERTRAM製「CHRONOS」 »

2017年6月26日 (月)

匂いですか?いや記憶です。

以前にも話題にしたような気がするのだけど、そのブログ記事が見つからない…。

買取名人が時々自慢しているのは、カメラを売りに来られたお客さんがカメラをバッグから出す前に何のカメラか言い当てる~!って件。

これ、匂いがするとか、お客さんの雰囲気で分かる~とか言ってますが、どこまで本当なのか?イマイチ不明です。

あっ!やっと見つかりました。過去の日々買取名人学で、嗅覚?透視力?なんて大袈裟に話題にしてました。

ただ、私 二代目もバッグから取り出される時にチラッと見えたカメラケースなんかで、カメラが何か言い当てられることが時々あります。これ自慢です(^^)v。半年くらい前だったか、、、名人と一緒に行った出張買取り先でそんなのが2~3台続いて、お客さんに感心されたこともありました。

でも、私の場合は残念ながら嗅覚とか透視力とか雰囲気とか…ちょっと怪しげなものではなくて、ケースの色や形などの記憶力がなせる業です。

19437573_1577666585609004_681913857

19429841_1577666578942338_500138409

数日前にも名人が我楽多屋に持ってきたカメラケースをチラッと見て、「フジカST605だな!」って中身を透視出来ました(笑)。じゃなくて、そうそう見掛けないケースですが、質感や形状の記憶が残っていたからなのです。

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。