アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« 京都の川 | メイン | TEXER AUTOMAT »

2017年6月29日 (木)

F値1.2のニッコール

19511391_1581552351887094_366077731

どちらも伝統のニコンFマウントのマニュアルフォーカス・ニッコール標準レンズで、F値1.2の大口径です。

左の55mmの方が前のモデルで、右の50mmの方が後のモデル。

実は後者はまだ現行品で入手が可能なことを、最近すっかり忘れ気味でしたが、今の時代となっては貴重な話ですよね。

ニコンはマニュアルフォーカスレンズをいまだにラインナップしているんです。キヤノン、ペンタックス、オリンパスなどなど、もう他にはそういう大手国産カメラメーカーありません。

現在、ニコンは20mmから105mmまで8本のマニュアルフォーカスレンズをラインナップに残しています。

ちなみに、ニコン初のデジタル一眼D1が発売された直後の2000年、フィルムMF一眼のF3やNewFM2もまだ現行品の時代。当時のカタログにはマニュアルフォーカスレンズが33本もラインナップされていました。同じくオートフォーカスレンズは39本。

そんな17年前に比べれば風前の灯かもしれませんが、今なお新品で入手可能な状態であることは、さすが大ニコンさん。だって、MF一眼は普及版のFM10の1機種しか残っていないというのにね。

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。