アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« フィートとメートルと | メイン | ぬめぇ~感 »

2017年5月13日 (土)

コダック・エクトラ

18403168_1524696464239350_408032730

18342389_1524696460906017_847673047

コダック・エクトラ(KODAK EKTRA)は、1941年から1948年の間に2400台余りしか製造されなかったという超希少カメラです。

そして、このお姿からしてタダモノのカメラではない雰囲気がヒシヒシと伝わってきます。

コダックはフィルムメーカーですから、先にも後にもどちらかというとフィルムを売るための普及クラスのカメラ製造がほとんどなのです。ついでに言ってしまえば、新規格のフィルムを売るために、それ専用のカメラなんかまで造ってしまうくらいですから~。

なのに、このエクトラは当時の35ミリカメラの最高級機を目指して作ったと言われています。

50㎜~254㎜まで対応するズームファインダーは、基線長が168㎜もある距離計を内蔵しています。ちなみに、バルナックライカはボディ幅が150㎜足らず...。シャッターはフォーカルプレーン式で最高速1/1000秒。フィルム交換が日中でも可能なマガジン式カメラバックを採用。

と、いろいろ書いてみましたが、私自身も今回、画像を数枚撮っただけで操作などはほとんどすることなく、右から左へ流れて行ってしまったので、受け売りです。

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。