アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« 4500円のPEN-EF | メイン | メダリスト10台 »

2017年5月20日 (土)

カバンの中にレンズ無しボディ

18556055_1533581550017508_362636925

1週間ほど前に「カメラに捧げる愛情」ってタイトルで、カメラを複数台所有すると1台のカメラに注ぐ愛情が薄れてしまうから、2台目を買い控えていた~というお客さんの話題をしました。

実際はその逆で、複数台持って~というマニアの方が多いと思うのですが、今日はそっち側の象徴的なお客さんの話。

うちの店だけでも何台もお買い上げいただいてますし、ご自宅の防湿庫の中にはカメラがおしくら饅頭状態であろう、Fさん。以前からよく、「フィルムを入れたはいいけど撮りきらずにそのままになってるカメラが何台もあって…イカンですよね~」という話はされていました。

が、今回聞いのは、仕事場へ行くカバンの中にレンズを付けていないボディを入れて家を出て行く~というのです。ご家族にも、「何でそんなして持って行くの?」と言われたことがあるのだそうですが、金属カメラの質感や巻上げ感がとてもいいので、仕事の合間にカメラを手に取っていじってると気が休まる~からだというのです。ご家族には理解してもらえていないようですが...。「だって、レンズ付けてるとカバンの中で嵩張るじゃないですか~!?」とも。

カメラは写真を撮ってなんぼ~という人もいらっしゃるでしょう。でも、Fさんだって、全然撮らないわけじゃないのですよ。ただ、日々身近に金属カメラを感じていたい!という欲求も立派なマニアだと私は思うのです。

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです