アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« 側壁画 | メイン | 期限切れフィルム »

2017年4月27日 (木)

狐火

Dscf0210_1280x960

ニコンF-801、F90のオデコら辺、「Nikon」ネームの上には横に細長い白い窓があります。

これはファインダー内に表示される液晶表示を見やすくするための採光窓です。この窓から外光を採り入れて、液晶表示を照らすのです。また、暗い場所ではこの窓の内側付近にあるライトを光らせて、ファインダー内の表示を見やすくします。

でも、ここが光っている状態って、ファインダーを覗いている撮影者にはあまり見る機会がないものです。

明るい場所で動作チェックをしていて、ボディキャップがされていたり・装着したレンズのフロンとキャップが付いていても、ここは光りますが、まわりが明るいとあまり気付きにくいものです。

常連さんが、この部分が同じような仕組みになっているコンタックス167MTについて、暗い場所で見ると「額部分に狐火みたいな灯りが灯る。暗い部屋だと風流なり。」とSNSにアップされていたので、真似てみました。

Dscf0208_1280x960

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。