アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« Mamiya 135EF | メイン | 野田屋 »

2017年3月28日 (火)

キヤノンの鷲

Dscf8192_960x1280

我楽多屋に中古で出てくる幅広のストラップって、何故かニコンの割合が高いです。

キヤノンの場合、一眼レフがAF時代になってからはストラップに「EOS」って文字を入れてしまう傾向にあったから、MF機を使うマニアにはあまり受け入れられず、中古として残らなかった...なんて理由が一因にあるかもしれません。

これはMF一眼レフ時代のキヤノンのストラップ。鷲のイラストが型押しされた革が縫い付けられています。

以前も、さらに古い時代の革ケースに型押しされた鷲のマークを紹介したことがありました。

キヤノンが鷲のマークにこだわる理由には諸説あるようですが、「鷲のように空高く舞い上がり、世界を雄飛しようという夢がある」、こんなイメージを鷲に抱いているからだそうです。

最近はあまり表だって現れない鷲ですが、少し前に社章に鷲を復活させたというニュースがありました。

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。