アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« 半世紀以上前のズームレンズ | メイン | パクられた感 »

2016年12月24日 (土)

嫌われなんとかの。。。

Dscf7849_1280x960

我楽多屋のウインドウに並べて半月ほど。思ったより反応ないなぁ~と思った「ミノルタXEb」がありました。

ある日、ミノルタマウントの中国製TEXERレンズ(程度悪し)をおまけにそのXEbに付けました。値段はそのまま。見方を変えれば、撮影可能なキャップ代わりですな。

そしたら僅か数日後に、このXEbを買おう~というお客さん出現。

でも、レジカウンターでレンズを外して、「レンズは置いていっていいですか?」とのこと。

えぇ~~~。(;_;)/~~~

Dscf7888_960x1280

いちおう、「程度良くなくてどうだか分からないレンズだけども、もともとボディだけで同じ値段を付けていたので、邪魔じゃなかったら~」と言いかけて、もうやめました。

ピントリングに貼られた滑り止めのゴムも継ぎ接ぎあるし、まぁ、無理に持って行ってもらうようなレンズでもないので。

で、お客さんがお帰りになられてから、このレンズをいじっていたら、スポンと前玉が外れる始末。このレンズ、なんとなく嫌な予感がしていたのだけど、だからオマケ扱いなのか...。結果、予感的中でした(涙)。

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)、買取名人について語るブログ「日々買取名人学」(http://camera-kaukau.lekumo.biz/dailymeijin/)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。