アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« 明日はがらくた市 | メイン | 嫌われなんとかの。。。 »

2016年12月23日 (金)

半世紀以上前のズームレンズ

Dscf7878_1280x960

最近、ミノルタネタが多いような気もしますが、これは偶然です。

そして、レンズネタも多いような気もしますが、これは某写真家先生が、一癖ある系のレンズを何本かまとめて物々交換で持って来られたからです。

今日のレンズは「ミノルタ AUTO ZOOM ROKKOR 80-160mm/F3.5」。ズームレンズ黎明期の希少品です。

重いです、デカいです。

先日、店でこのレンズについて数名で談話しているときの話。当時、このスペックを必要としたプロはN社ユーザーだろうし、ハイアマチュアにしたって同傾向だし、でなくても、この高価なレンズに目をつける人は居なかったゆえ、出荷数も少なく、より希少なんでしょうねぇ~と。

このレンズで目を引いた一つが、鏡胴にある細い溝。ズームリングを回すと、それに合わせて溝の中で赤い印が移動します。溝のすぐ脇に赤文字で「R」と記されているので、これは赤外補正マークと思われます。

Dscf7879_1280x960

また、ウィキペディアによると、「電子計算機導入以前に設計されており、電動計算機で収差係数が適切になるレンズ形式を模索し、光線追跡は大型リレー式計算機を持つ計算会社に委託するという、根気と時間を要する方法で設計されている。」らしいです。

で、このレンズ。早速もう他の写真家先生のところへ嫁入りしました。

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)、買取名人について語るブログ「日々買取名人学」(http://camera-kaukau.lekumo.biz/dailymeijin/)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。