アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« Bell & Howell/Canon | メイン | 曙橋 »

2016年10月25日 (火)

P・G・S

Dscf1913_1280x960

先日お客さんに尋ねられて答えられなかったことがありました。なんか、以前に調べたことあるような~気もしましたが、全く思い出すことが出来ず...。

カメラはペトリハーフ。そのピントリングに記された距離表示の合間に記されている、緑の(P)、橙の(G)、赤の(S)の文字が何を意味しているのか?って質問。

ゾーンフォーカス的に使う上での指標であることは分かるのですが、それぞれのアルファベットが何を意味するのか(頭文字なのか)が答えられず...。これって、ゾーンフォーカス全盛の時代にそれらのカメラをよく使っていた人なら、当然のように知っている人も多いのかもしれません。

で、調べた結果、(P)はPortlait、(G)はGroup、(S)はSceneでした。

「Portlait」は胸像の意を含んだ肖像写真。「Group」は数名のグループ写真、「Scene」は風景~と解釈すれば良いのだと思います。

要はイラストでゾーンフォーカスの指標を示している場合の、これ(下の画像参照)と同じですね。

Dscf1915_1280x960

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)、買取名人について語るブログ「日々買取名人学」(http://camera-kaukau.lekumo.biz/dailymeijin/)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。