アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« バンダビル | メイン | ニッコールを名乗れない… »

2016年6月30日 (木)

ニコンの切れ字

13502063_1147169025325431_186188415

ニコン一眼レフの機種名ですが、、、

最近のデジタル一眼では、「D4」や「D800」「D5500」などと、アルファベットの「D」と数字の組み合わせで構成されています。フィルムカメラもそのほとんどが、「F6」や「F80」などと、アルファベットの「F」と数字の組み合わせです。

その数字部分の書体が、デジタルもフィルムもフラッグシップ機とそれ以外で違うのはご存知でしたか?

Main_01

フラッグシップ機以外の機種では、数字の縦方向の中心線部分や、数字によっては横方向にも切り込みが入ってるんです、上の画像のように。ただ、フラッグシップ機ではそれがありません、下の画像のように。

Product_01

これ、フィルム時代のある頃から法則化されているようなんです。こんな部分で、フラグシップ機とそれ以外の機種に地味な差を付けるなんて、こだわりですよね。

ただ微妙に例外もあるので(FM10とか...)、細かく厳しいツッコミはお控えなすって下さいませ。

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)、買取名人について語るブログ「日々買取名人学」(http://camera-kaukau.lekumo.biz/dailymeijin/)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。