アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« がらくた市歴・トークショー歴 | メイン | 都バス1日乗車券 »

2015年9月29日 (火)

Kissの由来

Dscf6648_1280x960

恥ずかしながら、EOS-Kissの「Kiss」が略称であることを、9月28日午後1時ごろ、初めて知りました。

賢く、静かなという意味を含んだ「Keep It Smart and Silent」の略だそうです。

知ってましたか?えぇ~どれくらいの人が知ってるんだろう。

ちなみに、現行型のデジタル一眼「EOS-Kiss X8i」のカタログをチラッと見た限りでは、どこにも書かれていませんでした、そういう由来は。

で、英語が苦手な私でも気付ける意外な点は、「Small」の小さいって意味は含まれていないってこと。カメラ屋的には!?、最も小さい系の一眼レフってイメージを持っていたので。。。

ところで、何で今頃になってそんなことに気付いたかと言えば、このカメラが理由。

Dscf6647_1280x960

「EOS REBEL Ⅱ」。

「REBEL」が「EOS-Kiss」の海外向けネームであることは知っていましたが、詳細は知りません。で、この個体には「Ⅱ」って表示があるので色々と調べているうちに、たまたま、「Kiss」の略称にも気付いたわけです。

さて、REBELにも「XS」やら「G」やら「Ti」などという機種が歴代あるようなのですが、この「Ⅱ」はイマイチ良く分かりません。

外観的には、「EOS1000」の内蔵ストロボを省略したようなモデルなんですけどね。。。と、EOS1000から検索したら判明しましたっ!国内で「Kiss」が登場する前から、輸出モデルには「REBEL」のネームが存在していたのです。この「REBEL Ⅱ」は、「EOS1000S」のストロボ省略輸出モデルのようです。

ちなみに、国内では「1000S」の後継機として、「Kiss」が登場しています。

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)、買取名人について語るブログ「日々買取名人学」(http://camera-kaukau.lekumo.biz/dailymeijin/)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。