アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« 米寿マスター | メイン | 明日はがらくた市 »

2015年9月24日 (木)

三つ目のDiax

Dscf6630_1280x960

数日前のお客さんカメラで紹介した「Diax」。

1947年から10年程、ドイツで作られていたカメラで10種類くらいのバリエーションがあります。

Diaxの特徴は、ファインダー窓が三つ並んでいるところ。

このⅡb型の場合、三つのうち一つは連動距離計用の距離計窓ですが、連動距離計を内蔵していないモデルでは、用意された交換レンズの広角・標準・望遠用それぞれに、3つのファインダー窓が並ぶという贅沢というか...発想が簡単というか...なカメラなのです。

前述のとおり、このⅡb型では窓の一つは距離計窓なので、背面から見ると窓は二つしかありません。その二つには「50」「85-90㎜」と記されているので、広角レンズ(35mm)装着時は外付けのビューファインダーが必要になります。

Dscf6631_1280x960

「50」の方を覗くと連動距離計の二重像も確認出来ますが、「85-90㎜」の方には二重像は見えないうえに黄色く色が付いて「望遠」用であることを知らせてくれます。

ところで、85-90㎜って表記に?と思ったところ、用意された望遠レンズに銘柄違いで85㎜と90㎜があったからなんだと思うのだけど、ここを覗いてみてフレームなどは見えないので、5㎜の差は誤差として捉えられているようです。。。

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)、買取名人について語るブログ「日々買取名人学」(http://camera-kaukau.lekumo.biz/dailymeijin/)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。