アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« 新豊洲アート公園 | メイン | つくだにこん »

2015年7月30日 (木)

無駄な機能・無駄なカメラ

Dscf6531_1280x960

某常連さんが我楽多屋店内を物色しながら、つぶやかれたこと。

「カメラに無駄な機能は要らないが、無駄なカメラは欲しくなる」

実に奥が深いというか、いや実にストレートというか、いずれにせよ、的を射た名言。

フィルムを自動で巻き上げたり、露出を自動で合せたり、ピントを合わせてくれたり、暗けりゃ内蔵ストロボが勝手に発光したり。デジタルの時代になった今では、人の顔を認証してみたり、笑顔でシャッター切ってみたり、複数撮った画像を組み合わせて見たり~。これら、ある意味で全部無駄な機能。

カメラなんて、フィルムが入って、シャッタースピードとレンズの絞りが変えられて、ピントが合って、シャッター切れればいいのですよ。と、言いのけてしまえるような人には、前述の言葉は心に響く名言だと思います。

こういう発想が出来る人の多くはカメラのメカニカルな部分に惹かれている人たちで、それらを操作しながら~いわゆるマニュアル操作で撮影することが出来る人たち。そのうえ、その操作感がどうのこうの言えちゃう人なんです。

そうなると、実際には使いもしない魅力的なカメラに目移りして、使うかどうかは別として、例えばデザインがいいとか、操作感がいいとか、そういう観点でカメラが欲しくなったり、それこそ、無駄な機能だと分かっていながらも変わった機能が付いたカメラにまで目移りし出して、結局は無駄なカメラまで欲しくなっちゃうってことなんです。。。

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)、買取名人について語るブログ「日々買取名人学」(http://camera-kaukau.lekumo.biz/dailymeijin/)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。