アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« プラマイゼロ!? | メイン | コニレットのフィルムカウンター »

2015年6月21日 (日)

二眼レフのようで二眼レフでない

Dscf6445_960x1280

何かブログネタないかなぁ~と思っていたら、スゴイのがやって来ました!

ところで、これ、何だと思います???

まるで「二眼レフカメラ」のような格好をしていますが、だとすると下側のテイクレンズ部分がちょっと変です...。

最近、雑貨屋さんで二眼レフの格好をした鉛筆削りなんかを見掛けたことがあるので、卓上小型扇風機か!?なんて変な推測しちゃったりもしました。

Dscf6446_1280x960

手に取ってみると、金属で作られていて、えらいシッカリしています。

 

で~、実際のところ、何だと思います???いいですか、正解言ってしまって。

これ、「スライドプロジェクター」でした。

使用時は、上側のビューレンズ付近をガバーッと開けて、こういう向きで置いて使います。

Dscf6447_1280x960

レンズはレンズとしてホントに使うわけです。二眼レフなら本来、撮影用のテイクレンズがある部分、羽根こそないものの扇風機と見間違えてしまった部分はランプの放熱孔だったのですね。

これ、ラッキーブランドの引き伸ばし機などで有名な藤本写真工業製(後にケンコーと合併)の「フレックスライド(Flexlide)」という名称の品物です。

2眼レフと並べてみましたが大きさといい、やはり似ていますよね!

Dscf6450_1280x960

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)、買取名人について語るブログ「日々買取名人学」(http://camera-kaukau.lekumo.biz/dailymeijin/)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。