アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« 品川駅港南口 | メイン | 天地無用ではない »

2014年5月29日 (木)

ロード アゲイン

Dscf4668_1280x960

変にカッコつけた感じのタイトルですが、ロードのネタを取り上げようと思ったら、その2つのツッコミどころがどちらも、ブログ初期に取り上げていたものでした。。。

でも、まだ知らない人いらっしゃると思うので、再び取り上げちゃいます。

 

Dscf4667_1280x960

ロードのカメラには、フィルム室にカッターが装備されているものがあります。

フィルムがまだまだ高価な時代だったからでしょうか、、、カメラに装填したフィルムにまだ残りがあっても、取り急ぎ撮影済み部分だけを現像したい!とか、勿体ないので未撮影部分はまだ使いたい!とか、そんな需要が本当にあったのかどうかは不明ですが、そういう向き用にカッターが付いていたのです。→http://camera-kaukau.lekumo.biz/arrow/2008/10/post-b65d.html

 

Dscf4664_1280x960

あと、シャッターボタンにも特徴があります。

巻上げレバーを巻上げて、巻上げとシャッターチャージが完了すると、シャッターボタンがポンッと持ち上がって、赤い印が見えるようになります。「今、シャッター切れる状態ですよ!」って印ですね。→http://camera-kaukau.lekumo.biz/arrow/2012/12/m4-2.html

 

一つ新ネタも載せておきます。このⅣB型のカメラケース。上カバーの開く向きが、普通のカメラケースと逆だと思うんですよね。

多くの場合、上カバーの背面にある留め具を外して、でんぐり返しをさせるようにペローンと前側に垂らすのだけど、これは上カバーの前方底面にある留め具を外して、背面側にバック転させるようにして垂らします。

Dscf4669_1280x960

Dscf4670_960x1280

 

もう一つありました!巻き戻しクランクの形状にも凝っています。複雑で説明しにくいので動画を付けておきます。巻き戻し時に引き出して、カクカクと折れ曲がっているのに、上手い具合にクルクルと回せるようになっています。

ロードⅣBの巻き戻しクランク
YouTube: ロードⅣBの巻き戻しクランク

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)、買取名人について語るブログ「日々買取名人学」(http://camera-kaukau.lekumo.biz/dailymeijin/)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。

*田中長徳写真集「WIEN MONOCHROME 70's」の特別販売をアローカメラ&我楽多屋のウェブ限定で行なっています(6月2日まで)。→http://camera-kaukau.lekumo.biz/arrow/2014/05/wien-monochrome-00d4.html