アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« 狼の皮を被った羊 | メイン | ミノルタのエレクトロ »

2014年3月30日 (日)

見にくい?醜い?

Dscf4167_1280x960

お客さんが物々交換で持参されたカメラの中の1台。

「どれも全部ジャンクなんですが、、、これはちょっと凄いです。。。」と言って取り出されたのが、フジカST605Ⅱ。でも、外観はボチボチきれいです。

「1/30秒以下のスローが引っかかるのと、ファインダーが、、、」と。

で、ファインダーを覗いてみてビックリ!!何でしょう?この芸術的な模様のような腐食は!!

Dscf4166_1280x960

一部分がモワモワにカビたようなのとか、縦に線が入ったり、水が垂れたようになったファインダーは見たことありますが、この手の意図的に描いたような腐食は初めて見た気がします。

人によっては、見ていい気持ちがしない…という人も居そうですので、その場合は申し訳ありません。

醜くて見にくいファインダーで、撮影者の気分に支障は出るかもしれませんが、ピント合わせさえ出来れば、作品には影響ありません(笑)。

あと、腐食の中央部分をよ~く見ると、頭に角が生えたキャラクター風な顔みたいなのが見えます。

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)、買取名人について語るブログ「日々買取名人学」(http://camera-kaukau.lekumo.biz/dailymeijin/)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。