アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« 六櫻社のシャッター名が | メイン | 楽器も同じらしい。 »

2014年2月 8日 (土)

山のトーコー!?

Dscf3774_1280x960

「アルペンフレックス」というのは、昭和20年代にあった八陽光学製の二眼レフカメラのことです。

もともと、戦中に日本光学(現ニコン)の疎開工場だった塩尻工場が、戦後に独立して八陽光学になったのだそうです。

そのため、アルペンフレックスに付いているレンズ「ALPO」は、ニッコールと同じ素材が使われているとして話題にもなったカメラ。

しかしですね、、、ここにある個体。ビューレンズは「ALPO」が付いているのですが、テイクレンズは「TOKO」「Tokyo Opt,Co,」と記されていて、なんと東京光学(トプコン)製のレンズなんです。

ちょっと調べてみたところ、そういう情報は見当たらない。

当時、3枚玉のトーコー(TOKO)レンズは優秀とされていたそうなので、後から付けかえられたものなのか、、、不明です。

素材が同じであって、ニッコールではないので微妙ですが、海のニッコーではなくて、陸のトーコーを選択されたのかもしれません。。。

で、結局アルペンだから「山のトーコー」って名付けてしまうのはおふざけが過ぎますかね。

実は、この個体の型の特定も微妙でして、NKKシャッターを搭載しているので、多分「M S型」かと思われます。

それと、テイクレンズ周りのエプロン的なデザインが特徴的ですね。

Dscf3775_1280x960_2

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)、買取名人について語るブログ「日々買取名人学」(http://camera-kaukau.lekumo.biz/dailymeijin/)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。