アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« 2色のF60 | メイン | Konica RECORDER »

2013年11月10日 (日)

逆に左右非対称

Z3082 
ほとんどのカメラのデザインは左右非対称なのに、稀に左右対称デザインのカメラがあって美しい~的な話題をしたことがあります。

じゃぁ、このカメラも普通に左右非対称じゃん!と言わないでくださいね。

普通はカメラを前から見ると、レンズが中心より右寄りにズレています。それは多分、フィルムの巻上げ機構やシャッターボタンなど構造上の問題なんでしょう~という結論で、以前は話をまとめちゃったりしていました。

しかし、この「プラクチカ BC1」は、レンズが中心より左寄りにズレています。どういうことでしょう?

なんで?なんで?という気持ちでカメラを構えると、右手でグリップする側の幅が狭いってのも、握りづらいんじゃないの~なんて、気になり出しちゃったりもします。

この「プラクチカ BC1」は1984年頃の製造で、底面に記されているように、製造国は旧東ドイツ(German Democratic Republic)。

Z3083
 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)、買取名人について語るブログ「日々買取名人学」(http://camera-kaukau.lekumo.biz/dailymeijin/)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。