アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« ファースト ライカ | メイン | トプコンのマーク »

2013年9月 2日 (月)

コニカ オートレックス

Z2617 
数日前に、フィルムカメラは撮影途中でカラーとモノクロの切り換えなんて出来ない~的なことを話題にしました。

が、撮影フォーマットをフルサイズ→ハーフサイズ、ハーフ→フルへと自由に切り換えが出来るフィルムカメラは存在しているのです!

「コニカ オートフレックス」が、そのカメラ。

ボディ上面は巻上げレバーの左手にあるレバーの操作で、フィルム装填中でも切り換えが可能です。

このレバーを「HALF」側にすると、下の画像のようにマスクが出て来ます。ただし、ボディに貼られたシールの案内にもあるように、「ハーフ→フル」にする場合と、「フル→ハーフ」にする場合で切り換えレバーと巻上げレバーの操作順が逆になります。

Z2618 
Z2619 
あと、切り換え時には1/4コマ分の無駄がフィルムに発生しちゃいます。

ところで、このカメラの切り換えが可能な理由って何なんでしょう?

予備フィルムを持参せずに外出したところ、思いのほか撮影カット数が増えてしまい、これじゃあフィルムが足りなくなる~なんて緊急時に、フルからハーフに切り換えたりするんっすかね?(笑)

 

*アローカメラ&我楽多屋のFacebookページ(http://www.facebook.com/arrowcamera)、買取名人について語るブログ「日々買取名人学」(http://camera-kaukau.lekumo.biz/dailymeijin/)も合わせてご覧いただけると嬉しいです。