アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« 真面目なニッコールコレクション | メイン | LeitzのLeica M6 »

2012年12月 6日 (木)

カニ爪3種

Z152
ニコン使いの人であれば、何を今さら~と思うレベルなのかもしれません。

マニュアルフォーカスのニッコールレンズには、俗称「カニ爪」と呼ばれる金属製のツメ状のものが、レンズのマウント側の縁に現行品でも付いています。

何の為に付いているのかというと、近年のフィルムカメラやデジタルカメラには全く不要なものなんだけど、ニコンFやF2、ニコマートなどで露出計に絞り値を伝達するために必要なツメなのです。

Z157
ボディ側のピンにツメを挟むことで絞り値を伝える

一番の上の画像にあるように、ツメには3種類あります。

ツメに穴が開いているタイプがAiレンズのツメ、残りの二つはAi以前のレンズのツメで、先が尖った方がごく初期のタイプで、先が丸みがあるのがその後のものです。

形は違っても、役目に違いがあるわけではなくて、ただのウンチクに過ぎませんけどね。

あ、Aiレンズのツメに穴が開いているのには立派な理由があります。Aiレンズには、絞り値読み取り窓があるカメラ用に絞り値表示がしてあって、その読み取りの妨げにならないよう少しでも明かりを遮蔽しないように穴が開いてるのです。また、この穴開きタイプのツメを、その見た目から「ブタ鼻」という俗称もあります。

Z163
絞り値読み取り窓と穴開きツメの位置関係

最後に、この「カニ爪」の正式名称は「連動爪」だそうです。