アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« ヨコタカメラさん 再び | メイン | 110再稼働 »

2012年7月25日 (水)

あまり自由でない・・・

N820
自由雲台とは、雲台の可動部分がボール状の球体で出来ている雲台のことで、ボールヘッドとも言われています。カメラの向きを前後左右他すべての方向に簡単に調整出来るのが利点。

普通、向きを変え固定するために、その球体部とそれを包むソケット部を締め付けたり緩めたりするツマミがあるのだけど、ここにある自由雲台にはそれが無いのです。

じゃあ、どうやって調整するのか?と不思議でならない。

実際にいじってみるとかなりテンションが掛かっていて、それなりの力を入れないと角度が変わらない。

相応なカメラを据えても(中判大判カメラには雲台が小さ過ぎなので、小振りな35㎜レンジファインダー系がいいところ)、角度が変わってしまったり、お辞儀してしまうことも無さそう…。

でもね、、、この雲台「GITZO FRANCE BREVETE」って刻印されているので、三脚の名門「GITZO」。だから、いい加減なモノではないはず。小さくて重くて、その金属の塊感的な存在感が気になって仕方ないのです。

それを感じたのは私だけではなくて、この自由雲台、常連Hさんに一度は引き取られて行きました。Hさんもその仕組みが気になったそうで、バラしたところ、中にかなり強力なバネが入っていて、底の部分を締めることでテンションの調整が出来なくもない…とのこと。

Hさんからは、「あまり自由にならない自由雲台」であることが判明したので~と、再び我楽多屋に戻ってきました。。。

下の画像は、底を開けてバラしたところ。上の画像の右下にあるのは、大ネジ用のアダプタ。

N814