アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« 四谷系写真情報 | メイン | 偽貫禄クラブ結成! »

2012年4月25日 (水)

Fisheye!? ロッコール

N368
これはかなり珍品系のロッコールレンズと思います。

「UW ロッコールPG 18mmF9.5」

「UW」って「Under Water(水中)?」と、いの一番に名人がボケてくれたので、「ニコノスじゃないんだし、ミノルタにこれを付けられるような水中に耐え得るカメラ無いでしょ!」って、ツッコミを入れるハメに(笑)。

このレンズ、とっても割り切りが良くて、最大絞りは「9.5」、ヘリコイドは無くて「パンフォーカス」。まぁ、ピント合わせの必要が無いとはいえ、カメラに付けてファインダーを覗くとかなり暗い…。

その覗いた感じや、ネット上での書き込み(非公式)を見ると、対角魚眼みたいなんだけど、レンズ自体にはどこにも「Fisheye」と謳ってない。また、「UW」が「ウルトラワイド」だとしたら?

そこで思い出したのが、かつてニコンが出していた「おもしろレンズ工房」の中にあった「ぎょぎょっと20」というレンズ。あれって、「Fisheye Type」とニコンは公式に呼んでいるんですよね。構造上、フィッシュアイとは違っているそうで、Fisheye風超広角レンズが正しいのだそうです。

もしかして、これもそれの同類なのかぁ???