アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« とても業務連絡、、、 | メイン | カメラの黒皮病 »

2012年2月29日 (水)

VIDOM

F365
カメラやレンズなどの元箱というと、四角い直方体や立方体のものがほとんど。

しかし、これは「円柱形」。

私の中では、海苔とかお茶はこういう形の缶に入っているイメージがありますが、これはライカのビューファインダー「VIDOM(ビドム)」が入っていました。

外装の赤も特徴的ですが、これは古いライカ製品では定番とも言えます。

ビドムは画角を変えられるユニバーサルファインダー、35mm~135mmに対応していてパララックス補正も可。しかし、このタイプは逆像式であるのと、変倍式ではないので望遠側にするほど視野が小さくなってみずらく、実用する人には敬遠されがち。あと、この個体はクモリ気味。。。

で、先日、元箱だけ欲しいって人がいらっしゃいました。そう言われるのも納得出来る魅力的な元箱です。