アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« 25日は「がらくた市」 | メイン | VALOO »

2012年2月24日 (金)

右手だろうが左手だろうが

N179
私が以前から気になっている、内蔵ストロボがシャッターボタンのある右手側に存在するコンパクトカメラの件。実際、使いづらいでしょ!?と以前に話題にしたことがあります

そしたら、身内にオリンパス勤務の人がいるというお客さんが、「こんな返事をもらったよ!」と知らせてくれました。

「指で発光部を覆ってしまうという事例は、発光部が左手側にあっても、かなりな確率であるんだそうです。」

そこで、店のアルバイトに何にも事情を伝えずにコンパクトカメラを構えさせたら、こんな感じでした。。。。。。

これはヒドい!!内蔵ストロボの発光部が全然見えてません。このカメラは向かって右側、アルバイトの左手側に発光部があるのに、左手人差し指でスッポリと覆ってしまっているのです。

それで気付いたのですが、シャッターボタンを操作しない分、何の迷いもなく!?ガバッとボディの肩の部分を左手左指で覆ってしまう人も多いのでしょう、きっと。また、近年のコンパクトカメラでは、左手でピント合わせたり、絞り動かしたりする必要がないので、レンズ周辺や底面あたりに左手を持っていく習慣がないんでしょう。

それで、オリンパスさんは試しに?発光部を右手側に置いてみたんでしょうね。

ただ、シャッターボタンや巻き上げ軸などが存在する右手側より、左手側に発光部を置く方が構造的にはスマートなため、ほとんどのカメラで左手側に発光部が存在するんだと思います。

また、ポップアップ式の内蔵ストロボについては、それが右手側に存在すれば、それこそシャッターボタン操作の邪魔以外の何ものでもなくなってしまいますから、やはり左手側に存在するんでしょう。

なんか、ようやく納得出来た感じです。お騒がせしました。