アローカメラ         &我楽多屋

我楽多屋で買った  モノ・マガジン

Powered by Six Apart

« 現場監督ズーム | メイン | ルサールのリアキャップ »

2011年7月31日 (日)

リコーXR-20SP

P894 
P888 
リコーの一眼レフ自体が一般的にはマイナーな存在でありますが、その中でもさらにマイナー色の強いこの「XR-20SP」。電子シャッター採用のプログラムAE搭載機種です。

そういえば、ずいぶん前のこと、「XR-P」というモデルをお客さんに見せてもらってブログねたにしたことがありましたが、あの時はボディのXR-P自体より、「MOTOR3」というモータードライブの面白さがメインでした。

XR-Pはプログラムを3種内蔵した多機能なプログラムAEを搭載した上級機種で、このXR-20SPは機能を減らしたシンプルなプログラムAE搭載の廉価版。

今回、この機種に触れて私が面白いな~と思ったのは、ファインダー内右側に表示されるLCD表示。まるで、クルマのメーター!といっても、、、最近の若い人には分からないかもしれませんが。かつて、スピードはデジタル表示、エンジン回転数はバーグラフ表示~なんてメーターを採用したクルマがあったのです。初代ソアラが世界初でした。

取説がないのですべて正確に分かりませんが、一番下の数字は絞り値がデジタル表示されたもの、縦に並んだ数値の横、ブルーの中に白く記されたところが設定されたシャッタースピード。その上下のアルファベットはモードを知らせてくれているようです。

ある人は「ちょっと目にうるさいね」と言われましたが、電化品(フィルムカメラだけど、電子カメラなのであえてこう呼びました)進化の過程での出来事だから、古き良き時代の~ということで楽しんでみるのもいいんじゃないですか!?

*上の画像、シャッターボタン付きのグリップを装着すると、ボディの「XR-20SP」の刻印が見えないので外してボディに載せてしまった状態です。ここがこうなっているということは、以前紹介した、電動着脱式のモータードライブ「MOTOR3」も装着可能のようです。